漫画・コミック

超面白いおすすめ『SF漫画』!連載中の注目作品&完結済みの名作まで

シェアする

投稿日:

こんちゃす、たけ氏でっす!

SF漫画って超面白いよね!!!

 

『サイエンス・フィクション』というだけあって空想科学を取り扱った漫画作品たち

異世界・近未来・遺伝子操作・特異体質・サイキックや超能力・AIやヒューマノイドなどSF漫画はロマンがつまりまくり…!!!

『SF漫画』というくくりにするには幅がありすぎたので、系統ごとに紹介しまっす!

それでは早速以下からいくぞ~~!!!

 

目次

バトル・アクション系

1.ワールドトリガー / 葦原大介(連載中)

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)

いま最高に熱い最新型SFアクション!

異世界からの侵攻に対して異世界の武器『トリガー』を用いて戦うバトルものなんだけど『チームバトル』の要素が新しくて読み応えバツグンッ!

王道ながらまったりとも読めるし、『トリガー』も種類があって滅茶苦茶カッコいいので少年心を最高にくすぐってくれる!

さらに主人公の1人が知略型で戦略・読み合いの要素も濃く大人が読んでも間違いなく面白い!!

 

現在は作者の体調不良で期間未定の連載休止中

ゆっくり休んでしっかり養生してもらいたい一心『続きはよ…!』という思いも強い最高の漫画…ッ

今後の展開に大注目!!

 

2.スプリガン / たかしげ宙×皆川亮二(完結・全11巻)

スプリガン (1) (少年サンデーコミックススペシャル)

超古代文明から受けたメッセージに従い特殊組織『アーカム』がその遺産(オーパーツ)をあらゆる権力から守り封印するチームを結成、トップエージェント『スプリガン』の1人である主人公『御神苗優』の戦いを描く

作中に登場する鉱石『オリハルコン』や『賢者の石』

スプリガンたち『パワードスーツ』『ライカンスロープ』『中国武術・気孔の達人』『魔女』

このワードたちだけで『ロマンが詰まってる』と感じられると思うんだけど、もう完全によだれモノで最高にスバラシイ!!

男児は大興奮必至!!

 

3.GANTZ ガンツ / 奥浩哉(完結・全37巻)

GANTZ 1 (ヤングジャンプコミックス)

蛇足もあったけどやっぱりガンツは名作

『黒い玉』『宇宙人』『オーバーテクノロジー』など心をアツくさせる要素がたっぷり詰まってる!

夜なべすれば全巻読み通せるくらいのボリューム感も丁度いいです

現在はスピンオフ作品の『GANTZ:G』がイイヅカケイタ先生作画で連載中!

 

4.All You Need Is Kill / 小畑健×桜坂洋×竹内良輔×安倍吉俊(完結・全2巻)

All you need is kill tome 1

ハリウッド映画化もされたライトノベルのコミカライズ版

『ギタイ』と呼ばれる化け物に地球が侵略される中、初年兵の主人公『キリヤ・ケイジ』がタイムループに巻き込まれ、最強の女兵士『リタ・ヴラタスキ』と出会い共に敵を倒していく話

いわゆる『ループもの』の話で『死んでも記憶を保持したままあるポイントまで戻れる』ことで先頭の経験を蓄積し侵略者と戦っていくんだけど、その能力には裏があって…!!って感じ!!

ゲームで死んだらセーブポイントまで戻るみたいな設定が現代のぼくたちに凄くハマる

ハリウッド級の世界観を全2巻で味わえるのは控えめに言って最高だし、作画が小畑健先生って時点で神ってる漫画確定ッ

 

SFファンタジー系

1.イムリ / 三宅乱丈(連載中)

イムリ 1<イムリ> (ビームコミックス)

支配民族『カーマ』、奴隷民『イコル』、原住民『イムリ』の3種族を描いた魔法系SFファンタジー

はじめて読んだときかなり衝撃を受けた作品で、読み始めて3日目には2週目を読み始めていたくらいの衝撃だった…!

 

『侵犯術』と呼ばれる精神支配能力が軸にあるんだけど、そのほかにも扱える能力が発見されていく感じが『ネトゲでスキルを覚えていく』感覚で読めてすごいワクワクする!!

とにかく世界観がよくて、良質なオープンワールドRPGの世界に迷い込んだ…というかどっぷりハマったみたいな感覚を味わえる

設定が滅茶苦茶濃いので序盤は説明・チュートリアルみたいだけど5・6巻あたりからドドッと展開していってグンっと面白くなります!!

またこれからが楽しみな作品!

 

2.鋼の錬金術師 / 荒川弘(完結・全27巻)

鋼の錬金術師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

『全く無駄がない完璧な漫画』と評されることもあるほどの名作…!

設定・世界観・ストーリーとどれを取っても素晴らしく、散りばめられた複線も見事に回収。 広げまくった大風呂敷はキレーーーーに畳まれて完結しました

アニメ・映画化も2回ずつされたので『知ってるけど読んでない』という方も多そうだけど、これは必読!!

実写映画化も発表されているので今後の展開に期待…w

 

3.絶園のテンペスト / 彩崎廉×左有秀×城平京(完結・全10巻)

絶園のテンペスト 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

『はじまりの木』を軸に展開される魔法バトルもので、絵もきれいだしシェイクスピア作品の一説をポエムみたいに引用して『めっちゃシャレてる漫画』なんだけど、実はゴリッゴリのSF漫画作品!!

散りばめられた複線を見事に回収して全てが繋がっていく完成度の高い構成、魔法などのファンタジーにゴリゴリのSF、心理戦やラブコメまで色んな要素が詰まった名作…ッ!

完成度の高いSF漫画が読みたかったらこの作品は間違いナシ!!

 

4.神のみぞ知るセカイ / 若木民喜(完結・全26巻)

神のみぞ知るセカイ(1) (少年サンデーコミックス)

主人公は極度の乙女ゲーヲタで『10000人以上ものヒロインを攻略』している『落とし神』なんだけど、現実では『オタメガネ』と女子に呼ばれてる高校生なんだけど、突然『攻略して欲しい女がいる』と挑発メールを受信してからドタバタに巻き込まれ、現実の女を攻略していくって話

正直『ラブコメでしょ?(ハナホジー』と思ってずっと敬遠してたんだけど、実際読んでみたら思ってた以上にSFファンタジー寄りでめちゃクソ面白かった作品…!(※ぼくはラブコメが得意じゃないのです)

正直ぼく程度では全く拾いきれないほどにパロディネタがクッソ豊富!

ラブコメとしても楽しめるんでしょうし、タイムリープなどSF要素もしっかりしていて読み応えもあります!!

 

5.レベルE Level E / 冨樫義博(完結・全3巻)

レベルE (Vol.1) (ジャンプ・コミックス)

冨樫先生の描く宇宙人を題材にしたSF漫画

アシスタントを全く使わず富樫先生が1人全力で悪ふざけした作品。笑

宇宙イチの天才的な頭脳・美貌、そして最悪な性格の持ち主である『バカ王子』の悪ふざけを主軸に、オムニバス形式で物語が展開されてます

各編めちゃくちゃ面白くて、ハンターハンターの元になったであろう話も

ぜひ読んでおきたい名作

 

6.風の谷のナウシカ / 宮崎駿(完結・全7巻)

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)

ジブリ映画の原作漫画!

映画版では描ききれなかった部分(映画版の続き)もしっかり描かれていて、内容も数倍濃くて深い…!!

映画ではかなり謎だった巨神兵についてや『その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし』もしっかり描かれています

大まかに言うと『自然をたいせつにしよう!』ってことが壮大なストーリーで伝えられている漫画なんですが、本当に滅茶苦茶深くて濃くて広い!!!

ナウシカの最後の選択には賛否あるようなんだけど、色々考えさせられます…

未読であればぜひ読んでほしい、ネットで買うかもしくはビレバンなら置いてあります!

 

遺伝子操作・ナノマシン系

1.バードメン BIRDMEN / 田辺イエロウ(連載中)

BIRDMEN(1) (少年サンデーコミックス)

『結界師』を描いた田辺イエロウ先生の連載中作品!

交通事故で死に掛けるなか『鳥男』に命を助けられ、その直後から鳥男と同じく体から翼が生える特殊な体質となってしまった少年少女の話

イエロウ先生特有のダークな雰囲気がたまらないファンタジー作品で『遺伝子操作による肉体強化』みたいなジャンルが好きな方はハマるかと!

 

2.アームズ ARMS / 七月鏡一×皆川亮二(完結・全22巻)

ARMS(1) (少年サンデーコミックス)

みんな大好き厨二病大爆発異能力漫画!

『ARMS』というナノマシン兵器が移植された少年少女たちの戦いを描く

ダークな雰囲気に変形する体、ナノマシン、反物質、ARMS殺しなど厨二心をマジにくすぐりまくってくれる最高の名作…!

皆川先生の作品はホント面白い、ぼくも最新作以外は全部読んでます。連載中なのも読まなきゃ(使命感)

『力が欲しいか?』
『力が欲しいなら…くれてやる!』

セリフも最高…ッ!!!

 

3.犬神 / 外薗昌也(完結・全14巻)

犬神(1) (アフタヌーンコミックス)

犬神を題材にしていて、『23細胞』の宿主である犬『23』を軸に展開される遺伝子操作系SF漫画の名作

犬神

雰囲気は『寄生獣』に近い感じを受けます

SF好きな人はきっと好きなハズ!

犬神に聖書、永遠の命とか秘密結社がどうとかって色んな要素もあいまってメチャクチャ面白い…!

 

4.魔人 ~DEVIL~ / 大暮維人(完結・全2巻)

魔人 ~DEVIL~ 全2巻完結 (デラックスコミックス) [マーケットプレイスセット]

――奴の血を飲んだ時から、オレの命のDNAが書き換えられた……人類の進化か、それとも突然変異? 闇の中で蠢く「魔人」と呼ばれる異形の者たちが、街に蔓延っていた。図らずも、「魔人」となってしまった男が「死」を許されないモノとなった恨みと悲しみを抱え、紫色の空の下、異形の者たちと戦い続ける……。

『エア・ギア』を描いた大暮維人先生のSFダークファンタジー!

DNAが書き換えられ『魔人』となり死ねなくなった男女の物語

KZ1000(バイク)がカッコよかったり女の子がイチイチ可愛かったりちょっとエロかったり色々たまらん…!!!

全2巻でこの世界観が味わえるのは控えめに言って最高なのでマジでおすすめです

 

特異体質・突然変異系

1.亜人 / 桜井画門(連載中)

亜人(1) (アフタヌーンコミックス)

ダークな雰囲気がたまらない、死なない人間『亜人』を描いたSFアクション作品

『死なない』以外は人間と変わりない『亜人』(元々人間)が、人々の恐怖により差別の対象・そして人類の研究対象として追われ逃亡生活を余儀なくされながらも『人としてどう生きるか』と悩み葛藤しあがく主人公が描かれてる

『死なない亜人が頭部を破壊される→再生されても自分は自分と言えるのか?』と思考実験的な部分があったり『転送』など独自の発想がめちゃくちゃ面白い…!!

 

2.寄生獣 / 岩明均(完結・全10巻)

寄生獣(1) (アフタヌーンコミックス)

アニメ化もされ、前後2部作で実写映画化もされた寄生獣!

何処からかやってきた寄生生物と、主人公『進一』・彼の右手に誤って寄生してしまった『ミギー』との戦いを描いた名作

生物の存在意義や生き方、また環境破壊への戒めなど考えさせられることも多い漫画

映画も良かったけど、やっぱり漫画を読んで欲しい作品!!

 

3.七夕の国 / 岩明均(完結・全4巻)

七夕の国(1) (ビッグコミックス)

岩明先生が描く『寄生獣』の次回作で、超能力とSFをベースに伝記オカルトっぽい雰囲気を混ぜ込んだ名作!

ちょっとした超能力が使えるだけが取り柄の南丸が、実はその能力は自分の祖先にまつわるとんでもない能力で、自身のルーツである『丸神の里』の事件に巻き込まれていく話

ミステリーらしく、最後にしっかりと解があるのですっきりします…が、謎な部分は謎のままなので面白い笑

ヘウレーカ・ヒストリエは読んでても七夕の国を読んだ人は少ないのでは?

全4巻で非常にまとまっていて手も出しやすいのでおすすめです!

 

4.からくりサーカス / 藤田和日郎(完結・全43巻)

からくりサーカス(1) (少年サンデーコミックス)

多くの名作を生み出している藤田先生の『からくりサーカス』、ダークな雰囲気が最高、マジで名作…!

主人公が3人もいて、あらすじをまとめ切れないほど風呂敷がメチャクチャ広がっていくんですけど、それらが絡み合って1つに合わさったときの興奮が凄い!!!

気づけば何回も読み返してしまう作品…!!

藤田先生は物語がまとまる最後の展開がたまらないので、この作品はイッキ読み推奨!!!

 

5.オメガトライブ OMEGA TRIBE / 玉井雪雄(完結・全14巻・続編完結・全11巻)

OMEGA TRIBE(1) (ビッグコミックス)

父親に殺されそうになった主人公・吾妻晴が、古代のウイルス『オメガ』に感染し『新人類』に生まれ変わった! もう1人の主人公・梶秋一を巻き込み、日本を裏・表から変えていき全人類を自分の種族に生まれ変わらせるSF遺伝子アクション!(?)

ぼくはやっぱり梶くんが好き! GOLD WING(HONDA製バイク)の族車仕様トライクとか最強みしか感じないでしょwww

 

『サンクチュアリ』っていう漫画をもっと若者向けにしてSFファンタジーを付け足すとこうなるのかな?って言うような作品

サンクチュアリはSF作品ではないんだけど、日本を裏・表から変えていく設定やシチュエーションなど、どことなく似通った雰囲気を感じ取れるので、OMEGA TRIBEを読んだ後にはぜひサンクチュアリを読んでもらいたい!!!

 

超能力系

1.アキラ AKIRA / 大友克洋(完結・全6巻)

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

絶対に読むべき伝説のSF漫画

SF漫画のすべてはここに詰め込まれています

アキラの絶対的な力、暴君鉄男、立ち向かう金田、あとカッコいい金田のバイク、どれをとっても超魅力的!

そして画面の圧倒的な線の数、読んでいるだけで圧倒される…!

映画版も観ましたがやはり漫画、壮大な世界がここには広がっています

 

2.童夢 / 大友克洋(完結・全1巻)

doumu_001

超能力者の老人と子供の戦いを描いたSFバトル

『AKIRA』に埋もれて意外と読まれていない傑作で、1巻完結でこの濃密さ・面白さはヤバい!

ちなみに背景はアシスタントの高寺彰彦先生がほぼ一人で書いてるらしい、人間業じゃねえよ…

 

3.PSYREN -サイレン- / 岩代俊明(完結・全16巻)

PSYREN 1 (ジャンプコミックス)

打ち切りっぽく終わったものの作品自体は面白い!!

ジャンプ公式のジャンル設定は『サスペンス』なんだけど、これSF漫画でいいよね??笑

異世界・異能力・霊能力などから読み勧めていくと超SFワールドになってきます

読んだ後も設定など以外は印象にも残りづらくあと一押し…!っていう感じはあるんですが、うまくまとまっていて面白いです!…あと一押しではあるんですけど!笑

 

4.新世界より / 貴志祐介×及川徹(完結・全7巻)

新世界より(1) (週刊少年マガジンコミックス)

アニメ化もされた貴志祐介先生のSF名作をコミカライズした作品

1000年後、人間が神の力『呪力』が使えるようになった世界。 子供たちが『作られた理想郷』に違和感を持ったとき、大人たちに隠された世界の秘密に気づいていく、、、っていうような話

これは言わせてもらうけどどちらかと言ったら原作を読んでほしい

貴志祐介先生マジで天才なんだ、漫画版も良いけど原作のあの壮大な世界観は表現しきれねェよ…!!

ただ漫画版は漫画版で良い! 原作と大幅に展開が変わっていて別作品としても楽しめます

 

5.刻刻 / 堀尾省太(完結・全8巻)

刻刻(1) (モーニングコミックス)

時間が止まった世界『止界』をめぐったSF名作

物語のほとんどが『時間が止まった世界』で展開されるんだけど、その設定だけでここまで掘り下げて世界観を広げたのは凄い

主人公家族のおとぼけ感すきww

ちなみに後日譚が無料で読めます

 

6.GetBackers -奪還屋- ゲットバッカーズ / 綾峰欄人×青樹佑夜(完結・全39巻)

GetBackers-奪還屋-(1) (週刊少年マガジンコミックス)

奪還屋の話から長大SFバトルアクション作品に進化していった『ゲットバッカーズ』

序盤は奪還屋、中盤が能力バトル、終盤SFといった印象の厨二漫画。笑

深刻なネタバレになるので言えないけど、終盤はマジでかなりSF…ッ! マトリックスやゼーガペインが好きな方は好きだと思う!(ネタバレじゃん)

アクションも良い感じ、一気読み推奨!

 

AI・ヒューマノイド・サイボーグ系

1.AIの遺電子 / 山田胡瓜(連載中)

AIの遺電子(1)(少年チャンピオン・コミックス)

ヒューマノイドが当たり前に生活する近未来で、ヒューマノイドの『治療』をするブラックジャック的な主人公を軸に、人間・ヒューマノイドの関係や考え方を描いた漫画

体が機械なので『治療』は修理でもあるんだけど、それより『ヒューマノイドの心』を治療する様がグッと来る…!!!

 

ちなみに思考実験が好きな方にはもう堪らない漫画

第1話からスワンプマン問題にも似たクローンによる『どっちが自分なのか』問題、哲学的ゾンビみたいなことも言ってて、試し読みの段階で『これは読むしかない』と思わざるを得ない最高の作品…!

 

2.いぬやしき / 奥浩哉(連載中)

いぬやしき(1) (イブニングコミックス)

奥浩哉先生の現在連載中の漫画

作品内で『GANTZ』擁護してて草www

『生前の記憶や精神を持った超高度な機械の体』になってしまった2人が主人公。 『オリジナルの自分は既に死に、自分は自分でない』ことに気がつき自身の存在意義を問うが『人助け』にそれを見いだしたおっさん、その一方同じく再生されたもう1人は凶悪な犯罪を繰り返し、、、みたいな話!

まだ変な方向に走っていない分、今のところGANTZより面白いです

 

3.BLAME! / 弐瓶勉(完結・全10巻)

BLAME!(1) (アフタヌーンコミックス)

子供の頃は尖りすぎてて読めなかったんだけど、大人になってようやく読み通せたSFの傑作

極限まで発達したインターネット世界で、果てしなく続く階層都市を何千フロアも放浪し『感染前』の『ネット端末遺伝子』を求める物語

『重力子放射線射出装置』など厨二感もグーーーッド!!

主人公すら口数が少なく、言葉でなく絵で語るタイプの漫画なので好みはハッキリ分かれるんだけど、SF好きならぜひ読んでほしい作品

 

この作品が凄いのはまだインターネットが今ほど普及していない1995年の時点でこの壮大な世界観の土台(読みきり)が出来上がっていたこと、驚異的すぎない…!?

 

4.銃夢 / 木城ゆきと(完結・全9巻・続編連載中)

銃夢(1)

全身サイボーグも当たり前な世界で、記憶をなくした少女『ガリィ』がなぜか使える『機甲術(パンツァークンスト)』という格闘技術を駆使して様々な強敵と戦い、世界の全てを支配する『空中都市ザレム』の謎をも解き明かす、といった話

思考実験的なところもあって、既読者は『自分の脳がああいう風だったらやっぱり発狂するのだろうか…?』なんて考えて眠れなくなる漫画(分からなかったら読んでみてね!)

巻数は多くないんですが読み応えが凄くてめちゃくちゃ長く感じます、それだけ濃くて面白い…!

続編に『銃夢 LastOrder』、その続編に現在『銃夢火星戦記』が連載中です

火星戦記まだ追えてないから読まなきゃ(使命感)

 

5.銀河鉄道999 / 松本零士(完結・全18巻)

銀河鉄道999(1) (ビッグコミックス)

1000年もの間生きることができる機会の体を夢見る少年が、ただで機械の体を手にいれることが出来る星・アンドロメダへ行く『銀河鉄道999』に乗り、様々な星や機械の体を得た人間たちと出会い・見て旅をする話

知らない人はいないSFの超名作で『知っているけど読んだことはない』『名前は聞いたことあるけど内容は全く知らない』人がめちゃくちゃ多そうな作品でもある…!

『生身の体でいるか、機械の体になるか』という、実現しうるこの問題について深く考えさせられます

『なぜメーテルはアンドロメダへ連れて行ってくれるのか』など深読みしながら読み進めるのが最高に楽しい!

いわゆる『昔の漫画』だし古典の域ですが、未読であればぜひ漫画を読んでもらいたい名作です!!!

 

サバイバル系

1.セブンシーズ 7SEEDS / 田村由美(連載中)

7SEEDS(1) (フラワーコミックスα)

『BASARA』の田村由美先生が描く、冷凍保存され選ばれた人間たちが未来の世界でサバイバル生活をする話

キレイな絵柄なのにビックリするほどゴリゴリのサバイバル漫画でビビる、読み応えMAX!!!!

ただ登場人物が多く、久しぶりに読むとちょっと混乱するので完結したら一気に読み返したい…!

 

2.レッツ☆ラグーン / 岡崎武士(連載中)

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)

表紙がエロい(確信)

修学旅行の最中、無人島に漂流してしまうところから物語りは始まり『島の謎』を解きながら日本へ帰るため試行錯誤する、、、みたいな感じの話!(説明下手)

ちょっと『エデンの檻』みたいな雰囲気のある漫画で、新感覚のサバイバル×SF漫画作品!

めっちゃくちゃ面白いんだけど隔月連載で2年に1度しか単行本が出ないのがつらい…(;;)

 

3.エデンの檻 / 山田恵庸(完結・全21巻)

エデンの檻(1) (週刊少年マガジンコミックス)

修学旅行の帰り道、飛行機の墜落事故により無人島でサバイバル生活が余儀なくされた! …と思ったら、無人島には絶滅したハズの動物が闊歩していて、さらにその島自体も地図に存在しない島だった…? って話!

SF要素がふんだんに盛り込まれた新感覚サバイバル漫画で読み応えバツグン!

終わり方に賛否がありますが受け取り方次第かな?って感じ

 

4.漂流教室 / 楳図かずお(完結・全11巻)

漂流教室〔文庫版〕(1) (小学館文庫)

荒廃した未来世界に小学校の校舎ごと送られてしまった小学生や教師の生存競争やパニック状態の心理を濃く描いた作品

絵面がパニックホラーで説明要らないんだけど、小学生が小学生を腹パンで気絶させたりトンデモな展開だったり、読んでみると色々面白いwwww

 

管理社会系

1.20世紀少年 / 浦沢直樹(完結・全22巻)

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)

3部作で実写映画化もされたSFサスペンスの名作

『本格科学冒険漫画』と銘打ってるだけあって『子供の空想を本気でやったらどうなるか』みたいな内容

浦沢直樹先生作品はどれも面白いんですけど、ひとまず押さえておきたいのはこの作品!

めちゃくちゃ流行ったから敬遠しがちなんだけど、流行っただけあってやっぱり面白いです

 

2.狂四郎2030 / 徳弘正也(完結・全20巻)

狂四郎2030 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

『近未来SF冒険SEXYバイオレンスラブロマンスせんずりコメディちんこ漫画』(真顔)

『遺伝子が全ての優劣を決めるという思想(優生学)』が蔓延る徹底的な管理社会となった近未来、バーチャルSEXマシンで出会った二人の『会いたい』という強い思いを軸に展開される

シリアスなシーンに突然下品なギャグをかましてきてヤバいww、テーマはゴリゴリなのに凄く読みやすい

薄暗い世界でまっすぐな思いが突き進む感じとしては、青年漫画版『囚人リク』みたいな感じかも。 あと『銃夢』が好きな人にも読んでほしい作品!

 

その他

1.NIGHTMARE MAKER / Cuvie(完結・全6巻)

NIGHTMARE MAKER 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

※18禁レベルにえっちなので注意!

『願望通りの夢が見られる装置』を軸に、それを作ってしまった主人公・かわいい幼馴染・ドハマりして手放せなくなる同級生・主人公が好きでレプリカを作ってしまう女など色んな人間の『本当の欲望』を見られるエロティックSFコメディ…っていうかとにかくえっちでおちんてぃんがパンパンになるんですけど!?!?!?

いや違うから…これは真面目なSF漫画だから、エロ漫画じゃないから…!!!
(本当にSFとして面白いです、ただちんてぃんはギンギンになります)

 

おわりに

いかがでしたかーーー!!

SF漫画は面白くてついつい読みふけっちゃいますね~

『アレがない!』
『コレがなかったぞー!』

などあると思うんですが、あなたのおすすめ漫画も教えていただけると嬉しいでっす!!

 

以上、たけ氏でした~っ!

-漫画・コミック

Copyright© 日刊たけ氏! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.